大阪で法人登記・相続登記など司法書士なら泉司法書士事務所へご相談ください

オフィシャルブログOFFICIAL BLOG

【おばあちゃんのひいおばあちゃん?!】

2013.10.11

おはようございます!

 

今週は、連日戸籍請求に2時間くらい費やしてました、司法書士の立石です!

 

最近、泉事務所で多いのが、ずっと昔に亡くなられた人名義の不動産の、相続登記です。

どのくらい昔かというと、現在70歳前後のおじいちゃん・おばあちゃんの、

ひいおじいちゃん・ひいおばあちゃんの相続登記です。

 

そのくらいになると、

明治・大正・昭和という年号を越え、

「安政・嘉永・萬延・・・」

といった、聞き慣れない年号生まれの人たちが登場します!

その頃はどんな時代だったんだろう(^▽^)??

などという物思いにふけったりはせずに、

戸籍をひたすら読んでいくのが司法書士のお仕事( ̄^ ̄)ゞ

 

このくらい昔の相続登記は、本当に大変です!

①相続人の数がとても多く、全国各地に散らばっている。

②戸籍の数が膨大になる。

③戸籍が古すぎて、破棄されている。

 

①は、よくあることですが、大阪の泉事務所から郵送で、

全国各地の役所へ戸籍請求しています。

 

②については、必要な戸籍を集めるだけで、何万円という費用がかかります。

 

③は本当に厄介で、

戸籍が破棄されているために、全ての戸籍が揃わない場合、

法定相続人全員の実印と印鑑証明が、登記申請に必要になります。

 

あ〜、こんなにお金がかかるし大変なら、やっぱり放っておこう(>_<)と思われた方!

ノンノンノー( ̄▽ ̄)!

だめです!!どんどん相続人が増えて、大変になるだけです。

実際には、今やるのが一番ラクにすむんです!

 

なので、このようなずいぶん昔の人名義の不動産を発見した場合には、

お早めに司法書士に相談してくださいね!

なかでも泉事務所の立石は、特に戸籍請求が大好きなので☆

 

また、なんでこんなに昔の名義の不動産が今になって分かったかというと、

不動産を処分しようと思って名義を調べてみたことがきっかけというケースが多いです。

不動産を処分する際に、相続登記は必ず済ませる必要があります!
処分を考えている不動産がある方は、名義がだれになっているのか、

事前に確認してみてくださいね♪

思いがけず、処分までに時間がかかる場合がございますので♬


司法書士 立石和希子

カテゴリー:相続,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加